ブログ

沖縄旅行記 其の壱

少し前になりましたが…

先日、仕事で沖縄まで研修に行って来ました。

その目的は、沖縄の伝統工芸品である“紅型(びんがた)”、“芭蕉布(ばしょうふ)”、

そして“花織(はなおり)”をつくっておられる工房を見学させていただくことでした。

 

沖縄についてまず初めに訪れたのは、“あけずば織り”の第一人者である染織家の上原美智子さんの工房です。

“あけずば織り”は新たなジャンルで、極限の軽さを追求した織物です。上原さんの織り成す布は、幅60cmで長さ5mあるにもかかわらず僅か5gしかないんです!

 

娘さんの結婚式に纏わせたいという上原さんの想い、素敵でした。

こんな美しいベール私も羽織ってみたかった…。でももう無理なので娘ができたら絶対!

 

※“あけずば”とは沖縄でトンボの羽の意味だそうです。

 

 

つづく

 

 

 

カレンダー

<<前月 2017年05月 次月>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

↑ページの先頭へ